せんな整体院の仙術健康ぶろぐ


<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧



理由をつけないことが可能性を増やす

人間って、ついつい自分の可能性を自分で決めてしまうんですよね。
自分はここまで、とか。

マラソンで限界だと思ってから、後100m・・・ もう後50m・・・ とやってると
限界を感じてから、かなり動けるというのは有名な話ですが。


よく、自分は歳だから。 と理由をつける人がいます。
自分の限界に挑戦する前から、そもそもやる前からあきらめてしまうこと、多々あると思います。

歳を取れば上半身の筋肉は衰えますし、身体が重くもなりますが
実は衰えるところはそんなに多くありません。
歳のせいだと思っているものの多くは姿勢の歪みと意識の問題です。

歳を取るにつれて、気持ちの粘りがだんだんなくなっていきます。
子供の頃はおもちゃ売り場で、ひっくり返っても手に入れようとし
2,30代のうちは仕事が忙しくても何とか時間をとって遊んでやろう! という気持ちが
だんだん粘りがなくなっていって、最後にはお茶を入れるのもめんどくさく
食事のために歩くことすらめんどくさくなっていき、粘りを失っていきます。
この辺が、更年期障害にも繋がっていってます。


しかし!
これら、更年期障害などは歳だからどうしょうもないものではありません。
一番大事なことは姿勢を正し、自分の気持ちに負けないことです。

まあ、いっか。 と思わずに少し気持ちを入れてみてください。
その、なにげない積み重ねが様々なことに影響していき自分も周りも変えていきます。

人間は、どんなことでも出来ます。
どんなことでも、無理だと思う前に挑戦してみてください。
そして自分の気持ちに負けないようにしてみてください。

‘気‘をつけることが、人生を変えていきます。


正しい姿勢?
どんなふうに意識を変えていけばいいの?
と、よくわからない方は、せんな整体院まで http://www.sen-na.sakura.ne.jp/
[PR]
by masou7 | 2011-10-14 00:36 | 人生の流れ


ゆっくりがリスクを回避する助けになる

 遅い早いではなく、ゆっくり。
ゆっくり=遅いではないです。

日常でなにげなく使い分けてる言葉ですが
何となく感覚的に、遅いとゆっくりは違うもの。とわかると思います。
まあ、細かい説明すると長くなるので必要なことだけ。


 ゆっくり動き、ゆっくり生きることが病気や事故や犯罪などから身を守るリスクを少なくしてくれます。
‘早く早く‘と動いたり、生きていると人生の流れとしても良くない方向にいってしまいます。
まあ、早く早く動いていると事故にあいやすい、というのはそのまんまとして。
病気や犯罪のリスクすら少なくするとは、どういうことか?


’そういうものなんです。’


アフリカのムーの群れとかも、直線ではなく蛇行して歩いてるんですね。
何もない道でも真っ直ぐ歩くのは危険とわかっているのです。
(目印のない砂漠やサバンナと真っ直ぐ歩いていると、気づいたら円上に歩いてしまうというのもあるけど。)

なんか、すごい説得力に欠ける気がするんですが
最短ルートを歩くよりも、蛇行しながら歩き
生きることや、あらゆることをゆっくりすることにすることがストレスを感じにくくしたり
病気にもなりにくくなるんですね。

 感が良い人なんかは、何となく嫌な道を避けて進むと
病気になる悪い空’気’を避けるので気分的にも、身体的にも危険を回避します。
よくわからないという人は、景色を見るように全体を、’ぼーっと’見ながら感覚を鍛えましょう。

何気ないことだけど、姿勢と同じくかなり大事なことです。
簡単なことなので、ぜひ生活に取り入れてみてください。

        レッツスローライフ!

ブログの内容が意味不明という方、もっと詳しい説明が欲しい!という方は
せんな整体院まで! http://www.sen-na.sakura.ne.jp/
[PR]
by masou7 | 2011-10-08 00:35 | 健康

    

神田に生息する整体院。 妖怪のたまり場になってる模様。(モンスガ9巻参照)
by masou7